​history

2013-2016

2013

巷ではその実力で噂されていたWinRed。噂を聞きつけたハセシンと出会う。

  

当時から世界を目指していたWinRedは、世界大会基準がXboxだった為、PS3からXboxへ転向

2016   

CoDの世界大会基準プラットフォームがPlayStationへ移行。


ハセシン、eスポーツ部門結成を決意。

ハセシン、GreedZz、Light、Ngtと出会い、

Rush CLAN eスポーツ部門結成(GreedZz、Light、WinRed、Ngt)

結成直後、破竹の勢いで、Black Ops 3 ESL Asia Community Cup #1 優勝

​その数カ月後、大学3年生のGreedZzがWekidsのドアを叩く。

​当時はまだ、Wekids代表はCall of Dutyの存在も知らなかった。

そしてWekidsとの出会いの数週間後に、Black Ops 3 ESL Asia Community Cupが開催された。

Black Ops 3 ESL Asia Community Cup #3 優勝

​この優勝をうけて、GreedZzは正式にWekidsのスポンサード選手となり活動を始めた。

そして、「世界で活躍する選手になる」という目標の元、

海外大会への参加を目指し活動開始。

​しかし、当時CWL大会(世界大会)は日本人の参加が禁止。

海外留学や海外チームへの加入を含め検討し行動するものの、法律や言語などの壁に阻まれ断念。

​Rush CLANとしての国内活動に集中する方向性へシフトしながらも、
​海外シーンの日本国内への啓蒙活動をスタートする。

2017

5月  

GreedZz、 世界を目指し、Call of Duty World League Sydney Open 2 へ視察

初めての海外視察として、GreedZzはCWL Sydney2へ。

海外チームの実力についてや、大会の様子について発信した動画は当時大きな反響を生んだ。

​そして、オーストラリア最強チームのMindfreakとの運命的な出会いに。

8月  

GreedZz、 オーストラリアプロチーム・Mindfreakとストリーマー契約

9月  

 

2018 Call of Duty World League Championship 出張

Light 脱退

Nami 入隊

Japan e-Sports Championship 2017 CoD:IW 優勝

Japan e-Sports Championship 2017 CoD:IWにてRush Clanが優勝を飾る。第1ゲームを230-250で制すも、第2ゲームを3-6で取られる。しかし後の第3ゲームを9-2、第4ゲームを250-178で制し、SCARZを3-1で下し優勝を勝ち取った。

9月  Tokyo Game Show 2017 コール オブ デューティ IW SCARZ vs Rush CLAN TGS2017頂上決戦 勝利

11月  Rush CLAN eスポーツ部門、Rush Gaming by WekidsとしてWekidsと契約。活動を本格化させる。

2018

1月  CoD: WWII CyAC e-Sports Rule Tournament vs vAvに敗北。

2月  闘会議2018にてコール オブ デューティ ワールドウォーII プロ対抗戦 優勝 CWLアナハイム出場権獲得

数年越しの世界大会への夢が叶った、Rush史上最大級のイベントとなった。

2月  ゼンハイザーとスポンサー契約締結

4月  コールオブデューティープロ対抗戦、シーズンスタート

6月  三井住友カード様の支援のもと、CWLアナハイム挑戦。約一ヶ月のアメリカ遠征を行った。

​一ヶ月の遠征では、様々な学びと発見があった。

​しかしその一方で、チームとしての課題が改めて浮き彫りとなった。

6月  帰国直後の公式試合(プロ対抗戦 Day3)で、まさかの大敗退。チームとして、大きな転換期を迎える。

7月  Storied アナリスト・コーチ就任 発表

7月  Nami 脱退。かつてのライバル、GPが入隊。

8月  Ngt、チームから離脱。偶然この当時WinRedとLukeが出会い、助っ人としてLukeを呼び始める。

    Luke正式入隊。

8月  WinRed、GreedZz、GP、Luke の新生Rush Gamingで プロ対抗戦 Day5に挑む。

    劇的な試合展開でDNG戦に3-1で勝利するものの、トータルのランキングで3位となり、WW2シーズンを終えた。

9月  東京ゲームショウ2018ビジネスデイ PlayStation presents LIVE SHOW出演

10月  コールオブデューティー Black Ops4 発売開始

10月  元チームメイト、Light再入隊

Rush Clan当時選手として活躍し、前線を離れていたLightがストリーマーとしてRush Gamingに再入隊。登録者数9.3万人を誇る人気配信者であり、総合視聴数は700万再生を超える。Rush Lightの復活は、新旧ファンともに大きな反響を呼んだ。

2017年からSCARZの中核的存在として活躍していたHunt。

2018年のプロ対抗戦の最終日には、Rush Gamingは彼率いるSCARZに辛酸をなめさせられ敗退し、その結果が大きく響きTGS出場を逃した。
そしてBlack Ops4シーズン。
5人体制となることが発表された後、紆余曲折を経てRush Gamingへ。

10月中旬  元ライバル、Hunt入隊

11月  Rush Gaming 結成1周年

   (株)Rush Gaming 発足、GreedZzが取締役&GMへ就任。そしてコーチ兼マネージャーにKurutamiが加入。

11月  CWL Las Vegas 2019 Japan National Qualifier (日本代表戦)優勝

12月  CWL Las Vegas 2019 出場​。そして、GP選手引退。ストリーマーへ転身。

​ラスベガス大会は、チームとしても大きな転換期となった。
引退を検討していたGreedZzが選手続行を決意し、
Lukeは世界へ挑戦する選手としての決意を新たにし、この大会を機にその後怒涛の成長を遂げる。

​一方で、GPは配信活動、選手活動、学業との間で選択を迫られた。

2019

1月  新メンバー、Gorou入隊。

元SunSisterのGorouが12月からのトライアウト期間を経て入隊。

​チームに新しい風が入り、

​GreedZz、WinRed、Hunt、Luke、Gorouの5人で新しい第一歩を歩もうとした。

1月  GreedZz、無期限選手休養発表。目の故障により、強制的に戦線離脱。急遽Lightが期間限定で選手復帰することに。

以降編集中

  • Twitter - White Circle
  • YouTube - White Circle

@2017-2019 All rights reserved by Wekids Inc. / Rush Gaming Inc.