• Chiaki Sato

Ngtが思う努力の仕方


皆様こんにちわこんばんわ、Ngt(ながと)です。

最近ぼくの半年の見た目変化がツイッターで取り上げられて、我ながら半年前のあれは誰なんだ、と思わざるを得ません。


今回のブログは目標に向かって努力してる人、努力したいと思ってる人へのブログです。

努力しても成果がでない、どうやって努力していいかわからない、もしくはあんまりいいものではないと感じてる人がいると思います。

努力ってなんか、学校の頃の嫌な思い出とか、無理やり勉強などをやらされてることへの我慢みたいに感じて、あまり楽しいものだと思っていない人も多いと思います。

今回の記事は、

「努力は決して嫌なものじゃないんだよ」

(むしろ結構いいもんで、人生豊かになる・・・)

ということを少しでも伝えられたいいなと思って書きました。

僕自身は、

「努力は必ず報われる」

という言葉がものすごい好きです。

努力すればいつかは目標を達成できると信じてやっています。

もちろん失敗することもあります(笑

僕達なら試合に負ける事もあるし、絶対にうまくいくと思ってやったことが失敗したり、

思わぬ事が起きて絶望的な気持ちなる事もたくさんあります。

少し昔話をします。

僕は小学生から高校生までバスケットボールを凄く頑張っていて、高校はスポーツ推薦でした。

ですがスポーツ推薦で進学したにも関わらず、怪我で登校すら困難になり中退!

高校中退なんて、正直色々絶望的ですよね。笑

でも僕は飲食が好きだったので、単純ですが飲食店のアルバイトを本当に頑張りました。

正社員雇用のオファーを貰う手前まで努力したんですが、なんとまた今度はその後2年位満足に歩けないレベルの膝の怪我にあい、家でゲームするかネットするかしか出来ないニートに・・・

脱線しましたが、人生努力しても絶望することはもちろんあります。

でもそれでも、今度はまた違うところで、違う形で努力できたことが、少なからず今の人生に大きな影響をもたらしてると思います。

ではでは前置きが長くなりましたが、本題にいきます!

正しい努力の仕方


なんとなく頑張ろうとかとりあえず努力しようというのは、

僕にとってはあんまり意味がないかもなぁって思っています。

目標を達成するために努力するのであって、

決して努力するために努力をするわけではないからです。

そのために大事なことは、明確な目標・課題設定です。

例えば、悪い目標設定の例が、

「エイムがよくなりたい」

「撃ち合いに強くなりたい」

です。

これでは明確な目標にはなりませんよね。

「強いって何」って感じですし;

具体的に設定できるかどうかで、上達スピードは圧倒的に変わってきます。

明確な目標設定をする為に、

そもそもまずは自分は何が出来ていないのか(課題)、等を知ることがとても大事です。

配信や動画投稿などは最初ハードルが高いかもしれませんが、Youtubeの限定公開などで自分のプレイを録画しておいて、後から自分やチームのプレイを見るのは凄くオススメです。

僕達も、自分達のプレイをチームで見直して振り返ったりします。

客観的に自分の強みと弱みを研究し、プロ等と比較する事で、課題が見えてきます。

またエイムの話しに戻りますが、基礎トレーニングをする上でも、

切りなおしエイムや、追いエイムなど、

細かく分けた上で自分の課題と目標を明確化して練習することをオススメします。

どっちのエイムを練習するかによって努力の仕方は結構変わってきます。



例えばこれは本当に地味ですが、なぞるトレーニングは、スポーツでいうところの筋トレに近いです。

これは追いエイムにおける精度を高める上で重要な、手の筋力と脳みその連動を高める為に行います。

スポーツもそうですが、どんなに練習してもそもそもの筋力、フィジカルがないと、脳からの信号を受け取っていたとしても思うように動かすことができません。

(握力鍛えてもしょうがないですが、指先のFPSに必要なフィジカルは鍛えられると思います。

目の前の課題解決や、その必要性をより具体的に認識し、できれば言葉にして、

それにフルで取り組む事が、努力の効率が一番良いんじゃないかなと思っています。

FPS以外でも、僕はこの半年でPhotoshopとPremierは必要最低限ですが使えるようになりました。

Youtubeでの動画投稿を頑張っていて、課題が明確だったからじゃないかなと思います。

「ハセシンのサムネイルを真似出来るように」とかは凄い分かりやすいんじゃないかな笑

まずは真似、は前回のブログに書いたとおりです。


上)Photoshop使い始め、初めてのサムネイル

下)Photoshop使い始めてからほぼ1年たった後のサムネイル


無理は絶対にしない

目標に向かって頑張るのはとてもいいことなんですけど決して無理はしてはいけないと思います。

例えば

目標にしてる選手がbot撃ちを1000体撃ってるから、自分も1000体撃とう

と思うのはもちろんいいことなんですけど、

1000体撃つのがめんどくさいのであれば、正直頑張ってもあまり意味がないです。

その人は1000体がちょうどいいから1000体撃つのであって、

必ずしも1000体撃たなければいけないわけではないのです。

自分は500体がちょうどいい、のであれば、

1000体撃つのも500体撃つのも同変わらないんじゃないかなと思います。

自分に適切な範囲を見極めるのもとても重要なのです。

もちろん自分が好きでずっとbot撃ちができる人はどんどんやっても大丈夫だと思います。

嫌がりながらやめんどくさがりながらの努力は意味がない

と僕は思います。(何事もね)

きちんと意味のある努力をしよう

せっかく頑張ってるのに意味のないことをやってももったいないです。

あるある〜〜なのは、

eSportsルールがうまくなりたいのに公開マッチをたくさんやったりとか。笑

やみくもに頑張ってもあんまり意味がありません。

その時間をeSportsルールの動画を見たり、研究をしたほうが、eSportsルールがうまくなるための努力になると思います。

きちんと努力をする前に、

それが自分にきちんと効果がでるものなのか確認して、納得してから取り組みましょう!

すぐ結果がでるものではない

残念ながら何事も、やったらすぐ結果がでるものではありません。

1週間bot撃ちを続けたからと言って、1週間後にはすぐエイムがよくなるわけではありません。

実際僕もbot撃ちを始めてからエイムがよくなったのは半年後くらいでした。(遠い目)

しかもその変化には、自分では気づくことはできなかったんですよね。

フレンドから「お前エイムやばくね?」と言われたときに、

初めて昔と比べてエイムがよくなったんだなと実感できました。

※努力が続く為に、なるべく短い期間で少しでもいいから変化を感じれるようにするのも大事です笑 

でも努力はいつ実るかわかりません。

でも続けていれば絶対に努力の成果はでるはずです。

(個人差はもちろんあると思います)

終わりに

さて皆様、今回の記事はどうだったでしょうか。

今回のこのブログを見て少しでも、楽しく努力しようって、何かしらで思ってくれる人がいたら、僕も嬉しいです。

もし感想などありましたら、コメントよろしくお願いします!

次回もお楽しみにー。


0回の閲覧
wekids.png
dxracer.png
brave-logotype-full-color.png

@2017-2020 All rights reserved by Wekids Inc. / Rush Gaming Inc.

  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ホワイトYouTubeのアイコン