< Back

2Kトーナメントの、マップ・ホスト選択やりとりに必要な英語講座 〜実例〜

マップ・ホスト選択やりとりに必要な英語 マップホストコミュニケーションで、一番よくあるトラブルは 相手が「1,3ホストするね」や、「1、3、4はうちホストね」 と素知らぬ顔でゆってくることです。 "Can we host maps 1 and 3" 、 "We host 1, 3, 4" など、さらっとゆってきます。 これはルールと違います。 以下は実際にあったやりとりです。 個別にやりとりしていた選手でのやりとりではらちがあかなくなり、私(オーナー)が介入しています。 上記 相手「1,3マップホストしていいか」 私「ここで(DMで)ホスト・マップやりとりさせて頂きます。チームBを選択しました。」 相手「君たち2,4,5ホストして」 私「あなたは今のターンで1マップのみ選択できます」 You can only pick one map in this turn ↑相手が暴挙に出てきて複数以上のマップホストを宣言してきたときは、この一言で解決です。1マップしか選択できないから!!!! すると後は簡単です。(大概相手はルールをわかってて、騙そうとしてきているので) 相手「マップ1選択」 私「マップ1、あなた。うちはマップ3。 マップ1:君 マップ3:うち」 相手「マップ4ホストする」 私「OK、では マップ1:あなた マップ2:Rush マップ3:Rush マップ4:あなた マップ5:Rush みんな頑張って!」 会話よりもこんな感じで簡易な方が、むしろトラブルが少ないです。 最悪ひどい相手だと問い合わせ行きですが、普段ならこのやりとりで一発です。 参考にしてみてね! 2Kトーナメントって?!なんでプロポイント、シードが大事なの?

2Kトーナメントの、マップ・ホスト選択やりとりに必要な英語講座 〜実例〜

マップ・ホスト選択やりとりに必要な英語 マップホストコミュニケーションで、一番よくあるトラブルは 相手が「1,3ホストするね」や、「1、3、4はうちホストね」 と素知らぬ顔でゆってくることです。 "Can we host maps 1 and 3" 、 "We host...