Rush Gaming流 勝つ為の分析方法。CoD esports入門編


皆様こんにちわこんばんわ、Ngt(ながと)です。

Rush Gamingで主にアサルトライフル(後方支援)、作戦の考察や分析などをしています。


今回はeSportsを始めたての人たち向けのブログです。

eSportsを始めても勝ち方がわからないとか、どうしていいかわからない人がいると思います。

ないしは、ランクマッチではキルレシオが2も出なくて、esportsなんて無理だ、と思ってる人もいるかと思います。

しかしそんなことはなくて、実際そういう人でも大会上位入賞してる人もいます。

正直始めたては勝てなくてあたりまえです。

チームを組んで大会に出たことある人などは例外ですが、始めてチームを組んでやる人などは負けてもしょうがないです。

負けは最大の学びの宝庫!

そこで大事なのが、負け続けるということは逆に言うと学ぶことが多いということなんです。

なのでひとつひとつの負けを意味あるものにしましょう。

(僕達ももっとボコボコにされたいです。強くなる為に。)

ボロボロに負けてしまったら、

「相手はどうやって固めていたのだろう」

「ローテのタイミングは?」

「あそこのポジション強かったな」

とまずは冷静に、振り返りをしてみてみましょう。。


真似は恥ずかしくないどころか、最速の学習方法!

なにもわからないところから始めるにはまずは強い人達の真似をすることがとても重要です。

そうすれば少しずつeSportsの動きを知ることができると思います。

真似をすると、その人がどのように考えてプレイしてるかなどがわかってきます。

逆に何も考えないで真似してもあまり意味がないです。

「なぜこのタイミングでのローテなのか」

「このポジションにつくのはどうような意味があるのか」

など、色々な仮説や疑問が出てくると思います。

僕も始めたては負けが多かったです。

当時は、大会上位入賞チームなど相手には、1マップとれたらいいなーくらいでした。

でも、負けたからといって

「あのチーム強かったねー」

で終わることはなくて、

「なんであんなに強いんだ?」

とか

「あそこの固め方うまかったね」

と、自分たちがやられて嫌なことや、

自分たちが対応できなかった立ち回り、ポジションなどを真似することからまずは始めました。

そこからチームで話し合い、自分たちの考えを足して、気づいたら自分たちのチームの立ち回りができあがっていました。

1,2回戦で負けたチームが、次の大会でベスト4まで勝ち上がれるチームになりました。

これらをまとめると、始めたてはとても厳しいのはあたりまえ。

それでもめげずにやって、自分たちより強いチームの立ち回りやポジションを真似する、それからチームで話し合い、自分たちのチームの立ち回りを確立するということがとても大事なのです。

質も量もどっちも大事

たぶんよく聞くのは、

「やればやったぶんだけうまくなる」

というのは聞いたことあると思います。

自分のなかではこの意見は半分正解半分不正解だと思ってます。

半分正解なのは、eSportsも、他のスポーツと同様に反復練習や経験が大事だからです。

例えばエイム力などは、地道なボット打ちや各種スキルの反復練習で上達します。


また、何度も試合経験を積む事で、思いもよらなかった動きや穴場などを知ることが出来たり、経験からくる勘なども鍛える事が出来ます。

本番であがらない為にも、練習量が重要という人もいます。

なので、もちろん練習量も非常に重要で、半分正解だと思います。

なのでやればやったぶんだけうまくなるは半分は正解というわけです。

ただただ長い時間だけやってても効率が悪い

半分不正解なのは、ただやるだけじゃ効率がよくないからです。

例えば、練習時間が3時間あるとして、3時間ずっと反省もなしにずっとプレイしても、得るものはとても少ないのです。

特に、ある程度個々人のスキルが高いチームは尚更、

チームでの反省、振り返り、次へのアクションが非常に重要になってきます。

3時間チーム練習があったら、30分~1時間くらい交流戦の試合をみんなで見直して、

「ここはこうしたほうがいいんじゃない?」

「ここよかったよね」

などいいところと悪いところをみんなで反省するのはとても重要です。

eSportsはチームで戦うので、プレイを個人で反省をするのではなくて、その反省をチームで共有することがとても重要なのです。(メモなどしたほうがなお良い)

個人の課題からチームの課題へと目線を上げない限り、絶対にチームでの勝利はありえません。


CoD esportsよくある光景・・・・・